「11ぴきのねこ」(馬場のぼる 著) あらすじと読書感想文

「11ぴきのねこ」は、お子様に必ず一度は通っておいてほしい道です(笑)

■「11ぴきのねこ」のあらすじ

※前半部分のあらすじのみを記載

あるところに、11匹ののらねこがいました。ねこ達はいつもおなかをすかせていました。

ある日11匹のねこは、小さな魚を1匹捕まえました。小さな魚に我先に飛びつこうとする猫たちでしたが、とらねこ大将は「我々11匹は仲間なんだ」とたしなめます。とらねこ大将は、小さな魚を11つにきちんと切り分けました。小さな魚は、しっぽだけ、ひれだけ、めだまだけと更に小さくなってしまいましたが、11匹の猫はみんなで輪になって、どれを食べようかと神妙に吟味しました。

そこに年老いた髭の長い猫がやってきて、「大きな魚が食べたいか」と11匹の猫たちに尋ねます。じいさん猫は、「山を越えたずっと向こうに大きな湖がある。その湖には、怪物のように大きな魚が棲んでいる」と身振り手振りを交えて教えてくれました。みんなで力を合わせれば、どんな魚もきっと捕まえられる。そう信じて、11匹の猫は湖へ向かいました。

野山を越えてやっと辿り着いた湖で、11ぴきの猫は筏を作って3日間探しましたが、大きな魚は見つかりません。湖にある島に上陸して更に待っていると、ある日突然、大きな魚が水面から飛び出しました。ねこたちが一口で呑まれてしまいそうなくらい、口も体も大きな魚です。

11匹の猫は「ニャゴー ニャゴ ニャゴ」と飛びかかり捕まえようとしますが、大きな魚にあっさり蹴散らされてしまいます。
今のままではとても歯が立たないことに気付いた11匹の猫たちは、大きな魚を見張りながら、身体を鍛え、作戦を練り始めます…。

・「11ぴきのねこ」シリーズについて

とらねこ大将率いる11匹の猫たちが、さまざまな冒険やチャレンジをするお話。11匹の猫たちは勇敢でわんぱくだが、失敗も多く、総じて可愛らしいストーリーが多い。
現時点で7冊出版されている。発行された本は、下記の通り。(下にいくほど新しい本)

広告

「11ぴきのねこ」
「11ぴきのねことあほうどり」
「11ぴきのねことぶた」
「11ぴきのねこ ふくろのなか」
「11ぴきのねことへんなねこ」
「11ぴきのねこ マラソン大会」
「11ぴきのねこ どろんこ」

「11ぴきのねこ」は、1967年4月第1刷、2014年3月第173刷(!)。
縦26.5c×横19cmのハードカバー絵本。
定価1200円(税抜)。こぐま社出版。

■「11ぴきのねこ」の読書感想文

※ストーリーのネタばれを含みます。問題ない方のみ続きをお読みください。

「11ぴきのねこ」はストーリーのオチが秀逸すぎます。幼い頃読んだ時は、オチのインパクトが強すぎて、前半・中盤の良さに目が行きませんでした(笑)

でも、この絵本の良さは、オチではなくストーリー全体だったんだ、と大人になって読み返した時に気付きました。リーダーとらねこ大将を中心に、ねこたち11匹はよくまとまり、遠く離れた湖まで冒険して、みんなが束になっても叶わなかった「おおきなさかな」を最後には作戦勝ちで捕えてしまいます。標的にされてしまった「おおきなさかな」には気の毒ですが、力では勝てない獲物を団結力と知恵でカバーして勝ってしまったところは、やっぱりちょっとカッコ良かったです。

また、おじいさん猫の助言に11匹全員が素直に従うところといい、「おおきなさかな」をじっくり観察して作戦を練るところといい、一度失敗しても再チャレンジして成功するところといい、生きていく上で必要となる教訓のようなものが、短いストーリーの中に含まれています。
学校教育において「生きる力」の必要性が叫ばれて久しいですが、「生きる力」を「今自分が置かれている境遇に負けず、自分の未来を自分たちの力で切り開いていく力」と仮定するならば、この「11ぴきのねこ」の絵本には「生きる力」の欠片が含まれているのではないか、と読んでいて強く感じました。

「ぐりとぐらのえんそく」(なかがわりえこ 著) あらすじと読書感想文

■「ぐりとぐらのえんそく」のあらすじ

※前半部分のあらすじのみを記載

リュックサックと水筒をもって、野ねずみのぐりとぐらは野原にやってきました。リュックの中には、勿論お弁当が入っています。
野原で荷物を下ろし、伸びをして、いそいそと赤い目覚まし時計を取り出して見てみましたが、まだやっと10時になったばかり。2匹で体操をしてみても、やっぱりお昼にはなりません。

「今度はマラソン」と走り始めたぐりとぐらは、切り株やいばらをものともせず、ぐんぐん進みます。と、突然、ぐりが転び、続けてぐらも転んでしまいました。二匹の足には、細く、とてもとても長い何かが巻きついています。くもの巣にも見え、草にも見えましたが、それは緑色をした長い毛糸でした。

ぐりが毛糸を巻き取ると、毛糸はえんどう豆くらいの大きさになりました。「この毛糸はどこまで繋がっているんだろう?」 ぐりとぐらは代わる代わる毛糸を巻き取りながら、野原を横切り、丘を登って下ると、緑の毛糸玉は両手で抱えきれないくらい大きくなりました。二匹は大きな毛糸の一巻きを地面に転がしながら、更にもう1つ丘を登り、森に入ると、森の向こうに茶色い家が見えます。毛糸の先は、家の中に続いており、ぐりとぐらは緑の毛糸の先を追って、家の中に入ります…。

■「ぐりとぐら」シリーズについて

野ねずみのぐりとぐらが主人公の絵本シリーズ。ぐりとぐらはお料理することと食べることが大好きで、おいしそうなごはんや森の動物たちが絵本に登場することも多い。おはなしを中川李枝子さんが、イラストを山脇百合子さんが担当されており、お二人は実の姉妹(!)だそう。

現在出版されている「ぐりとぐら」シリーズの絵本は、下記の通り。(上にいくほど古い)

ぐりとぐら
ぐりとぐらのおきゃくさま
ぐりとぐらのかいすいよく
ぐりとぐらのえんそく
ぐりとぐらのくるりくら
ぐりとぐらのおおそうじ
ぐろとぐらとすみれちゃん
ぐりとぐらの1ねんかん

「ぐりとぐらのえんそく」は、1983年第一刷で、1999年8月時点で第64冊(!)。
定価900円(税別)。福音館出版。
大きさは縦20cm×横27cmで、ハードカバー絵本。
大人が読んであげるなら4才から、お子さんがご自身で読まれるなら小学校低学年から、が推奨。

■「ぐりとぐらのえんそく」の読書感想文

※ストーリーのネタばれを含みます。問題ない方のみ続きをお読みください。

「ぐりとぐら」シリーズの本を読むと、かわいらしくて骨抜きになります(笑)
毛糸玉に負けそうなほど小さいぐりとぐらのサイズ感も良いのですが、お昼ごはんを心待ちにしたり、毛糸の先を二匹でどこまでも追いかけたり、見知らぬおうちに勝手に入っていってしまったりと、やることなすことがとにかく愛らしくて。

本書では、毛糸の先をどこまでも辿る、というわくわく感が特に良かったです。しかも、毛糸がとても長くて、毛糸の先に辿り着くまでがてもとても遠い(笑) 丘を越えたり森を抜けたり「一体どこまで行くんだろう」と思いながらも、素朴なイラストで描かれた緑の毛糸玉と自然の風景とぐりぐらを追いかけて、楽しく読み進めることができました。

この絵本では大きなクマも登場するのですが、最初クマが登場した時、あまりの大きさの違いに「ぐりとぐらが食べられちゃうんじゃないか…」と心配したのですが、そんな気配は毛の先ほどもなく、クマさんとぐりぐらはあっという間に仲良くなったので、安心しました(笑)
クマさんは姿かたちは大きいのに、チョッキが崩れていても、ぐりとぐらが勝手に家に上がり込んでいても、全く気にしないほどのんびりした気性で、「『ぐりとぐら』らしいなあ」と感じ、こちらも微笑ましかったです。

広告

応用情報処理技術者試験のおすすめ参考書 「要点早わかり 応用情報処理技術者 ポケット攻略本」(大滝みや子 著)

応用情報処理技術者試験に4ヶ月で合格した際に使用した本。主に午前問題対策に利用した。
応用情報に出題されるIT基本用語が一通り網羅されているので、基本的な技術の仕組みを理解することと、試験直前の単語の覚えなおしに一役買ってくれた。

■「要点早わかり 応用情報処理技術者 ポケット攻略本」の説明

システム技術に関する基本的な用語や考え方が、応用情報処理技術者試験において重要かつ頻出のポイントを中心に、解説されている本。
全体が1~6章に分かれており、1~4章がテクノロジ系、5章がマネジメント系、6章がストラテジ系という構成。全275ページ中、テクノロジ系で計280ページ弱が割かれている。

2ページに1~2問程度の割合で、四肢択一の問題が掲載されており、インプットした知識をすぐさまアウトプットし、知識を定着出来るよう構成されている。各分野の末尾には、数は少ないが、午後問題の類似問題も掲載されている。

本の厚みの部分(前小口)に章ごとのインデックスが付いているので、目的の章をすぐに開くことが出来、地味に重宝する。

縦18cm、横13cm、厚さ2cm。重さ427g。
定価1480円(税別)。

ブログ管理人は、2011年10月初版第一刷を利用。

■「要点早わかり 応用情報処理技術者 ポケット攻略本」を使用した感想

IT系参考書にしては珍しく、小さく持ち運びしやすい書籍だったので、どこにでも持ち歩いてちょこちょこ読み進めることが出来、重宝した。職場には勿論、休日に趣味のクロスバイクで遊ぶ時も鞄に入れておき、ヒルクライム(自転車での山登り)の合間に、この本を取り出してよく読んでいた。

説明と問題のバランスが良く、全体的に端的にまとまっているので、スマホで都度調べなければ理解できないような、分かりにくい項目が少なかった。学習している時はメモや余白があまり必要なく、淡々と読み進めて知識を身につけていくことに集中できる本だった。

広告

どのページも黒と青のインクしか使われていないので、苦手な箇所を赤ペンや蛍光ピンクのラインマーカーで目立たせて使うとより便利。ページをぱらぱらめくってもすぐに目立つので、その部分だけを繰り返し読み返せるようになり、地味に重宝する。


応用情報を取得し5年が経った頃、高度情報処理技術者試験の対策のために改めて本書を読み返したが、データベース分野など自分が普段から実務でよく使っている分野については、重要かつ基本的な事柄がきちんと網羅されているな、と感じた。

SELECT文やCREATE TABLE文などデータを抽出するための技術の基礎から、主キーや外部参照などデータをどのように整理して格納するかの基礎、データの更新時についてまわるトランザクション制御の考え方など、「この部分はさらっとでも理解しておかないと、素人扱いされるな…」と感じる項目が多かった。

また、IT業界では自分の担当する業務の範囲や自分の立ち位置が、「設計」「開発(構築)」「運用」のいずれに属するかによって、使用する技術や知識が変わってくるが、いずれかのポジションで必要となるだろう技術を、分野に分けて一通り紹介している印象を受ける。将来自分が就くポジションによっては使わなくなってしまう知識もあると思うが、技術と経験によってポジションは変化しうるし、応用情報技術者試験では幅広く出題されるので、ITの基礎と信じて身につけてあげて欲しい。

気管支喘息患者に適したマスク (ハウスダストアレルギーとダニアレルギーのある患者の場合)

ハウスダストと喘息発作を効果的に防いでくれるマスクがようやく見つかり、ポーチに入れ、毎日のように持ち歩いては愛用している。が、そのマスクをドラッグストアの店頭で見かけたことがないのは、一体どういう訳だろう…。

ウイルス対策マスクのパッケージ外観を正面から撮影した写真。

↑ My Favorite Mask!

ドラッグストアの店頭に並んでいるマスクは、皮膚とマスクの隙間から空気が漏れるタイプのマスクが多いように感じる。ハウスダストアレルギーのある喘息患者が、そのマスクで空気中の花粉や埃などを防ごうとすると、マスクと肌との隙間から空気が出入りするので、ハウスダストが口や鼻に入り込んできて、発作が起きてしまう

とはいえ、スーパーや本屋など病院ではない店内に入る時まで、肌に完全密着するSARS対策用N95マスクを着けるのは、さすがに目立って恥ずかしい。

「ハウスダストとダニは防ぎたいが、普通の形をしたマスクで、性能の良いものはないか」

とあれこれマスクを試し回った結果、こちらのマスクに落ち着いた。

■繰り返し使用できるウイルス対策マスク

行きついたのは、花粉対策マスクではなく、まさかのウイルス対策マスクだった(笑) 調べたところ、花粉とウイルスでは大きさが全然違うそうで、花粉よりもウイルスの方がずっと小さい。空気中のウイルスを遮断できるなら、ウイルスより粒子の大きい埃や花粉も、遮断できることになる。

ちなみに、連続使用時間は12時間で、10回繰り返し利用でき(=10回使用してもマスクの遮断率が落ちない)、普通サイズも小さめサイズもある。

抗ウイルスマスクのおもて面を撮影した写真。

↑抗ウイルスマスク拡大図(表) おもて面は不織布。

抗ウイルスマスクの裏面(拡大図)

↑ 抗ウイルスマスクの裏面(拡大図) うら面は木綿。

・ハウスダスト・ダニのシャットアウト機能が高い

このウイルス対策マスクを着けたまま10~20分身体を動かすと、花粉用マスクとの違いがはっきりと分かる。

「何か、息苦しい」

ウイルス対策マスクについているのは、微小のウイルスを99.8%遮断するほど高性能のフィルターなので、やってくる埃の大半をシャットアウトしてくれる代わりに、空気の透過率も低めなのではないかと思う。

使い始めた当初は、息苦しい=喘息発作 と勘違いして、慌てて安全な場所に逃げたりしていたが、単に一時的に空気が少なくなったことによる息苦しさなので、心拍数やピークフローメータの値を計ると、値が正常の範囲内でキープしていることが分かる。(ちなみに自分は、心拍数が60台前半~70台後半なら正常、と便宜的に判断している。外出先で都度ピークフローメーターを計るのが手間なので…)

このマスクのお陰で、スーパーや百貨店など、生活に必須なのに訪れることの出来なかったあらゆる場所に入りやすくなった。店舗内では歩くので、しばらくこのマスクを着けていると息苦しさを感じるが、多少息苦しいくらいで行きたい場所に行けるなら、何の文句もない。
 → ブログの管理人が入れなかった場所については、こちらへ

自宅掃除の際も、N95マスクかウイルス対策マスクを着けている。より密着度の高いN95マスクの方が喘息発作を起こす確率は低くなるが、N95マスクが手元にない時や夏場のむし暑い時は、ウイルス対策マスクで代用している。ちなみに、真夏にN95マスクをつけると、口元だけが終日サウナのようになる…。

・終日肌に着けていられる

不織布2枚と帯電化学繊維1枚と木綿生地という4層構造になっているので、普通の花粉用マスクより少し分厚く、作りがしっかりしているように感じる。着け心地は花粉用マスクとさほど変わらず、圧迫感はなく、1時間以上着けていても、ゴム紐で耳が痛くなるようなこともない。

ウイルス対策マスクの4層構造フィルタが図つきで説明されている。

↑ パッケージ裏面に掲載されていた図。フィルタの4層構造が分かりやすく説明されている。

肌への密着度を上げて埃シャットアウト効果を高めるべく、マスクの紐を結んで短くして使うことも多いが、それでも耳が痛くなった記憶がない。(耳が痛くなるより先に、息が苦しくなるからかもしれないが…)

連続使用時間は12時間が限度だそうだが、ハウスダストアレルギーの場合、喘息発作の起きる場所は「室内」か「埃or煙の多い場所」に限られるので、発作の起きそうな場所でだけ使っている。12時間ぶっ通しで使ったことは、残念ながらまだない。

抗ウイルスマスク全体が入るようにマスクの上から撮影した写真。えんじ色のカーペットが背景にある。

↑ 抗ウイルスマスク全体像。

・繰り返し使える

汚れや臭いが付かない限り繰り返し使ってok、という点には正直驚いた。が、実際に試してみたら、本当に繰り返し使え、繰り返し使っても臭いがついたり、へたれたりしなかった。埃を防ぐ機能も落ちていないようで、何度か使った後のマスクで出歩いても、咳込んだり喘息発作の回数が増えたりすることはなかった。

抗ウイルスマスクのパッケージについている、Repeat10のロゴを拡大した写真。赤と黒の文字で「Repeat 10」とはっきり書かれている。

↑ マスクのパッケージについている「10回繰り返し使用可」のロゴ。

ウイルスを殺すため、3枚のマスクを用意して1日(12時間)使用するごとに48時間陰干しする必要はあるが、自室の窓を開けてマスクを吊るしておけば済む話なので、手間はかからない。
春夏に至ってはウイルスは正直どうでもよく、埃だけ食い止めて貰えればそれでいいので、外出時だけ着用して1週間に1度だけ干すという横着な使い方をしているが、特に問題なかった。(衛生面ではアウトかもしれないが…)

ちなみに、水や洗剤などで洗う必要はない。というか、洗ってはいけない。

抗ウイルスマスクの製品パッケージ裏面を撮影した写真。

↑ パッケージ裏面。

ウイルス対策マスク1枚で、連続12時間×10回分使えると仮定すると、マスク3枚で計360時間使える計算になるので、実は使い捨てのマスクより圧倒的にお安く経済的である

ハウスダストアレルギーに効果ありなら、花粉症の方にも効果が高いと思うので、何故このマスクを店先で見かけないのか、よく分からない。

■使用上の注意事項

・夏は汗で汚れやすい…

真夏にも愛用していたが、汗や落ちた化粧がマスクについてしまい、10回使う前にマスクが汚れてしまうことがあった。白いマスクなので、汚れが付くと目立つ。その1枚は、泣く泣く手放すことになった。
夏に利用される際は、汗を軽く拭いてから使用するなど、一工夫しても良いかも。

広告